カテゴリ
全体
げーむ
家げー
未分類
以前の記事
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ


柳生技性能考察

暇つぶしに書いてみる。
自分で見返して考え直すついでに。

立ち技

近距離

A:刀の柄でガシっと殴る。ばっちり弾かれる
発生は早く連続技もいける。勝ち確状況とかに良く使う。

B:上から振り下ろすモーション。連斬始動技と一緒のモーション。
発生は多分14F前後。ヒット時はキャンセル大ニツ角がつながる。
めんどかったら中ニツ角でも良い。ダメージあんまかわらんし。
滅多に使わない。なにげに飛び防止になったりする。すかっても全体モーションは短め。

C:両腕で振りぬく。見た目より上に判定があり飛び防止になるにはなる。
零SPと一緒なら出始めにキャンセルポイントがあるはず。
JCがカウンターヒットした時に思わず振ってしまって空振りするのを良くみる。

遠距離

A:小太刀で横に凪ぐ。チビキャラしゃがみにはすかるが牽制の主要技。
ヒット時は最先端以外なら弱ニツ角までいける。が自分はヒット確認できないのでやらない。
発生、隙の無さともに優れているので強気に振っていく。

B:刀を交差させまっすぐ突く。リーチに優れるが全体Fが長いためJされると非常にヤバイ
強いんだが前述の持続の長さが災いして非常に弾かれやすいので遠Aと使い分けが必要。
発生は多分13Fくらい。前と一緒なら。体感でほぼ変わりないのでその位きっと多分。
SPの頃と微妙にキャンセルポイントが変わってる臭いがする。
最先端以外なら中ニツ角が繋がる。当てに行く時は絶対ヒット確認。

C:やや遅めの振り抜き。発生は微妙だが伏せも狩れる優秀な技地味に対空にも使える
ガード時の硬直が短いためはじきゃん使わなくてもどうとでもなる。
コレの先端ぐらいでぶっ放しつつ様子を伺うのが良い。起き見切りを狩るのにも最適。

しゃがみ

A:小太刀で斜めに凪ぐ。下段。
近距離では立ちAとしゃがみAをコツコツ振りながら頑張る。屈伸しながら振るとダッシュ防止に
ならんこともない。

B:遠Bと同一のモーションでややしゃがみながら出す。
チビキャラしゃがみにも当たるが不意打ちなどの位置が高くなる攻撃に対して無力なのが痛い。立ちBよりは発生早め。連続技に関しては遠Bと一緒。

C:近Aの始動モーションから二段目は大きく体を前に出し突きを繰り出す。
半角のお供にどうぞ。初段は下段。初段のみ弾かれキャンセルがかけれる。ガード時は
二段目は出ない。両方とも大切り属性なのでJCからは初段しか繋がらない。
J大CH時はノックバックがでかいのでいい塩梅に二段目だけ当たってダメージがでかい。
まあゲージ有るなら武器飛ばした方が良い。
発生は多分10Fくらい。最速~やや遅めでも伏せ見切りから火月のれんざんに間に合う。
N見切りからなら余裕。


蹴り技

立ちD

属に柳生ソバット

1F空中判定になればめちゃくちゃ使ったが残念ながら・・・・
CH時は武器飛ばしまで繋がるが、実戦でそういう事態になったことが無い。
たまーに投げ読みで飛びたくないときに出す。
判定はそれなりに強い。
2D

小足、発生は早くも遅くも無い。牽制の合間に使う。起き攻めにも重宝しなくもないが、出番が多いとは言いがたい。

3D

2Dモーションから足払いを出す。初段ヒットキャンセルで大ニツ角までいけるが、割とむずい。コマンド仕込でやるべき。
起き攻めの拓としてもいいが初段と二段目の間に飛ばれるのがだるい。
見切りを入れ込まれていると死ねる。
まあ小足をふりつつ立会いで出したほうが強いかも。

6D

前はキャンセルがかかって良い技だったがかからなくなった
回し蹴りみたいなローキックを出す。
烈海王が、「そんな蹴りを破られた位で大騒ぎするのだな!」
とか言い出しそうだ。
一応ダウンするんで使用頻度は高い。

ダッシュ攻撃

ダッシュA

走りながら柄でなぐる。
発生硬直の少なさなど良い点が多い。ヒット時は中ニツ角へ繋がる。
ヒット確認は無理じゃないかなーとりあえず俺はムリ。
強い割にあんまり使わない。リーチが無いのが・・・。

ダッシュB

屈Aモーションの下段。ヒットすれば攻め継続できるがダウンしないので読み合いが発生する。
ガード時も弾かれモーションが出るため読み合いに。
持続は短いので読まれて飛ばれても割と平気。

ダッシュC

最先端でガードさせればかなり隙が短い。遠Cモーション。
伏せでもなんでも狩るので重宝する。遠Cより対空信頼度が高い。
くぐってダッシュCが安定対空に。
なるべく先端でガードさせるように。
キャラによってはそれなりの反撃があるので注意。

ダッシュD

足を前に突き出すように蹴る下段蹴り
発生も早く隙も少ないが持続が長いためJが低いキャラには気をつけて振る必要がある。
ダッシュBとの使い分け重要。

ジャンプ攻撃。

A;剣を突き出すようにする。リーチは長いが持続が短く使いづらい。
でも剣先に食らい判定無かったような。

B:JAとほぼ同じモーションで威力、持続が長い。剣先まで身がつまってるので
振る時は距離を考えて振らないと相打ちになる。

C:二刀を交差させて斜めに振り下ろす。見た目より判定が厚く対空に重宝する。
上方向には全く判定が無いが相手にぶつけるように使うと強い。
逃げのJBと向かうJCを使い分ける。
地上の相手にぎりぎりまでひきつけて出せば近Bが連続ヒット。
ちょい高めでも中ニツ角までは連続になる。
CH時はそのまま武器飛ばしへ。

D:空中でソバット。判定は強い。なにげにめくれるがめくってもいいこと無い。
勝ち確状況でry


3B(不意打ち)

後方に下がりながら小ジャンプしJBモーションの突きを出す。
後方に下がるため使いづらくダメージも低い。正直ダウンくらい有っても良かったんじゃないかと
唯一の中段。


めんどいのでココまで。必殺技はまた今度。
[PR]
by kirimochiman | 2006-01-14 01:01 | げーむ
<< 柳生技考察その2 今週 >>